跳转至主内容

韩国第一所大学韩医医院的肿瘤中心

大田大学东西肿瘤中心は1991年韓国最初の大学韓方病院がんセンターとして開設され統合的がん治療システムを通してがん患者さんを治療している専門統合がんセンターであります。

アメリカ国立がんセンターから認定

2007年アメリカ国立がんセンターのがん補完代替医学事務局で評価した「最上連続症例プログラム」において韓国最初で「説得力あり」の結果を獲得し、これを国際学術雑誌に記載しました。

活発な国際交流

当センターはアメリカMD Andersonがんセンター、中国広安門病院がんセンターなど世界的ながんセンタとも活発な国際交流をしています。

根拠に基づいた科学的治療プログラムを通した統合的な管理システム

腫瘍専門医療人および腫瘍専門看護師、韓薬剤師、理学療法士、栄養士、臨床試験コーディネーターなど腫瘍専門治療チームを構成し科学的治療プログラムを通した管理システムをもっています。

挑戦! 2030 东西肿瘤中心

East-West Cancer Center Vision&Goal

ビジョン

世界最高の統合がんセンター

ミッション

がんからみんなが自由になれるその日まで

コアバリュー

东西肿瘤中心 コアバリュー 革新

Evolution
革新

伝統と現代医学の融合・複合を通して通常の医学の限界を乗り越え未来医学に発展する东西肿瘤中心

东西肿瘤中心 コアバリュー 世界化

World Wide Vison
世界化

標準化された医療サービスをもとに国際レベルに合うグローバルヘルスケアを提供する东西肿瘤中心

东西肿瘤中心 コアバリュー 挑戦

Challenge
挑戦

生命尊重精神をもとに人類の健康を脅かす難治病の征服に挑戦する东西肿瘤中心

东西肿瘤中心 コアバリュー 創造

Creation
創造

患者中心の創意的な研究を通し韓国型統合医療の標準を提示する东西肿瘤中心

ホイールバランスがん治療法


ホイールバランスがん治療法は韓医学に基づいた全人的ながん治療法としてすでに20年以上その効果を科学的に立証しています。
抗がん薬物治療、抗がん食餌治療、代謝活性治療、呼吸瞑想治療を通して腫瘍の減少および再発・転移の抑制を目標にし、患者の自然治癒力を極大化しがんを克服するよう助けます。
がん患者さんの再発転移を防止しがんを克服するために抗血管免疫治療、東西プラスがん治療、がん休眠治療、韓方多経路がん標的治療の治療方を使用しています。

  • 根拠に基づいた研究
  • がん患者のQOLおよび生存率の向上に寄与
  • 世界的統合がん治療のセンターになる先導的役割
ホイールバランスがん治療法

ホイールバランがん治療法の施行

01. 治療目標の設定

患者の治療目的に従い治療計画を立てます。


02. 入院治療

約2~4週間(患者の治療目的により異なる)の入院治療を1サイクルとします。


03. 外来診療および定期的な検査

退院後にはがん種、体質、進行の程度により持続的に外来を通して治療および経過観察をします。


04. 完治

定期検査により2段階治療を行うこともできます。

ホイールバランがん治療法の構成

韓方薬物治療

韓方薬物治療

伝統韓方腫瘍学の理論と経験に基づき、実験および臨床研究を行った韓方薬物を抗血管免疫治療、東西プラスがん治療、がん休眠治療、韓方多経路がん標的治療の治療原則に基づいて腫瘍の成長および再発・転移を抑制させる治療法であります。

代謝活性治療

代謝活性治療

がん患者は全身機能が低下し、最期を迎えるにつれて食欲が落ちるなど精神的、肉体的に苦しむことにないます。がん患者にこのような機能低下の回復、疼痛制御、症状改善はQOLの改善においてなにより大事であります。代謝活性治療はがん患者のQOLの改善のために使用する一連の韓医学てきな治療法として薬針治療、温熱治療、針灸治療、手技治療、浣腸、座薫などが含まれます。

呼吸瞑想治療

呼吸瞑想治療

軽い登山と有酸素運動そして瞑想および相談治療を通して細胞の新陳代謝を活性化させ、がん細胞には不利で正常細胞には有利な内的環境を作る心身療法であります。

抗がん食餌治療

抗がん食餌治療

不適切な食習慣と飲食はがんを起こす主要な原因の一つであります。東医宝鑑では「身体を平安にさせ健康を守る源は正しい食事にあり、病を治療し生命を救える道はただ薬にあり、どんな食事が良いかが分からなければ生命を保存できない、薬は精神を安定させ品性を養い気血を補うためにすべからく飲食と薬、この二つを知るべきである。」とし食餌療法がいかに大事であるかを強調しています。

韓国型統合がん治療

韓国型統合がん治療はがんの多様な特徴に対する広範囲スペクトラムの攻撃戦略として治療効果を増進させます。

多様ながん発生メカニズムに対する多薬剤・多標的アプローチ

多様ながん発生メカニズムに対する多薬剤・多標的アプローチ

がんの多様な特徴に対する広範囲な攻撃

がんの多様な特徴に対する広範囲な攻撃

進行性乳がん患者
統合治療時の5年生存率増加

加味逍遥散、香砂六君子湯、帰脾湯、蒲公英、白花蛇舌草、黄耆、党参、半枝蓮など韓薬を服用した進行性乳がん患者群は標準治療だけを受けた患者群に比べて18.4%高い5年生存率を示しました。

関連論文 : Lee YW et al. Cancer. 2014.

進行性乳がん患者 統合治療時の5年生存率増加

3-4期非小細胞性肺がん患者
統合治療時の生存率増加

多期間の前向き研究で黄耆、女貞子、鹿茸、白朮、山藥、紫何車などを含む韓薬をともに服用した3-4期非小細胞性肺がん患者群は標準治療だけを受けた患者群に比べて生存期間が約3.46ヶ月増加しました。

関連論文 : Liu J et al. Chin J Integr Med. 2017

3-4期非小細胞性肺がん患者 統合治療時の生存率増加

進行性胃がん患者
統合治療時の生存率増加

脾と胃を補う韓薬処方をともに服用した進行性胃がん患者群は標準治療だけを受けた患者群に比べて生存期間が10ヶ月増加しました。

関連論文 : Xu Y. Integr Cancer Ther. 2013.

進行性胃がん患者 統合治療時の生存率増加

女性がん患者
統合治療時の血小板数値増加

人参養栄湯、帰脾湯などと構成された韓薬処方をともに服用した女性がん(子宮頸がん、卵巣がん、子宮内膜がん)患者群は化学療法以後発生する血小板減少症の最低値が約2倍増加しました。

関連論文 : YH Wu et al. eCAM. 2018.

女性がん患者 統合治療時の血小板数値増加

転移性前立腺がん患者
統合治療時の5年生存率増加

柴胡加龍骨牡蠣湯などの韓薬処方をともに服用した転移性前立腺がん患者群は標準治療だけを受けた患者群に比べて5年生存率が約15.8%増加し、その中で200日以上統合治療を受けた場合に5年生存率が最も高く増加しました。

関連論文 : Liu JM et al. Medicine. 2016.

転移性前立腺がん患者 統合治療時の5年生存率増加

肝細胞がん患者
統合治療時の生存期間および無病生存期間増加

建脾化瘀方を使った韓薬処方をともに服用した肝細胞がん患者群は肝切除術だけを受けた患者群に比べて生存期間が2.8ヶ月増加し、無病生存期間は6.1ヶ月増加しました。

関連論文 : Zhong C. Asian Pac J Cancer Prev. 2014.

肝細胞がん患者 統合治療時の生存期間および無病生存期間増加

担当医師のご紹介

东西肿瘤中心, 兪和承

兪和承
韓方内科専門医
センター長

altyhs@djumc.kr

东西肿瘤中心, 朴芝慧

朴芝慧
韓方内科専門医
教授

jletter22@naver.com

东西肿瘤中心, 全炯俊

全炯俊
韓方内科専門医
教授

jhj07200@naver.com

东西肿瘤中心, 姜煇中

姜煇中
韓方内科専門医
教授

thsgvg@naver.com